体に症状が現れる更年期うつとは|ホルモンバランスが治療のカギ

手を広げる女性

更年期の症状

青空と男性

更年期うつは更年期に発症するうつ症状です。一般的なうつ病と症状は似ていますが、背景にはホルモンバランスが関わっています。更年期うつには副腎から分泌されるホルモンも関係しており、ストレスを溜めないことが症状を軽くするための一つの方法です。

View Detail

更年期障害による不調

看護師

更年期うつは閉経をきっかけに発症してしまう人が多いですが、若い女性や男性にも見られることです。特に女性は社会の活躍が広がっている影響もあり、更年期うつに悩まされる人は増えてきています。更年期うつのような精神的な症状が強い場合は、精神科や心療内科での治療が向いているので診てもらうようにしましょう。

View Detail

更年期の鬱的症状

医者

更年期うつは更年期障害の症状の1つです。病院で治療が可能であり、特に精神的症状の更年期うつは放置すると悪化することから早期の受診が推奨されています。病院での治療は、ホルモン補充療法の他漢方、心理療法が人気です。またセロトニンを活性化させるセルフケアが有効となるでしょう。

View Detail

どのようなものなのか

悩む男性

発症したときの注意点

更年期うつというのは、心配事や環境の変化などによって発症することの多いものです。ですので発症した場合に一番注意しておきたいのは、無理をしないということなのです。無理矢理に新しい環境に馴染もうとしたり、焦って事態を好転させようと頑張ったりというのは逆効果になりかねません。というのも更年期うつというのは、心が悲鳴を上げている状態です。ですのでそこで無理をしてしまうと、更に心に負荷がかかってしまうのです。仕事や家事など、手を抜けるところはとことん抜いて、まずは心を落ち着けることに専念すると良いでしょう。更年期うつは体にも強い症状が出てくることの多い病気ですが、心が落ち着くと同時に体の症状も消えていくことも少なくありません。逆に言えば、体の症状の治療をしたとしても、心に負荷がかかったままでは根本的な改善は難しいということなのです。また、体に症状がでるために更年期うつと気づかない人も多いのですが、原因不明の頭痛や肩こりなどに悩まされている場合には、心療内科や精神科を受診してみると良いでしょう。そこで初めて、更年期うつだとわかることも多くあります。更年期うつは体の症状に気を取られずに、心の状態に注目することが非常に大切な病気です。

どんな特徴があるのか

更年期うつの大きな特徴といえば、心よりも体に強く症状が出ることが多いということでしょう。頭痛や肩こり、頭重など症状には個人差がありますが、こうした体の症状を強く訴える人は非常に多いのです。というのも更年期うつを発症すると、不眠に悩まされる人は少なくありません。これは更年期うつの誘因ともなっているストレスが原因と言われています。焦りや気疲れ、イライラといったものから睡眠障害を起こしてしまうというわけです。そうした結果、頭痛や肩こりといった体の症状が強く現れる傾向があるのです。また、通常のうつ病よりも、心の症状が軽いのも特徴の一つと言えるでしょう。気分的な落ち込みは見られるものの、通常の会話が可能なことも多く、普通に人と接することもできます。とはいっても気が滅入ることには変わりありませんので、何かをする気力が湧かないということも少なくありません。こうした更年期うつというのは、環境を変えるだけで治ることも多いものです。というのも心因性の病気ですので、もととなっている原因を取り除いてあげることによって、気分の向上が見込めるからなのです。ですので、気持ちの落ち着く環境を整えることが大切となります。

これからの自分のために

カウンセリング

殆どの人が何かしらの症状を感じる更年期ですが、その中でも更年期うつは長期化する恐れがあるので、早めに受診することが大切です。今まで頑張ってきたからこそ、心も疲れが溜まると病気になりやすいのだと捉えましょう。更年期うつは決して恥ずかしいことではないので、適切な治療と心身の休養を心がけることが必要です。

View Detail

Copyright© 2015 体に症状が現れる更年期うつとは|ホルモンバランスが治療のカギAll Rights Reserved.